2014年9月19日 シンガポール上場会社 LCD Global Investments LTD.の株式取得のお知らせ

2014年9月19日

会社名: Jトラストアジア PTE.LTD.
代表者: 代表取締役社長 藤澤 信義
問い合わせ: 取締役 浅野 樹美
電話番号: +65-6225-6938




シンガポール上場会社 LCD Global Investments LTD.の株式取得のお知らせ

Jトラストグループは、子会社である J TRUST ASIA PTE. LTD.(以下、「Jトラストアジア」といいます。)を通じて、LCD Global Investments LTD.(シンガポール共和国、代表 Mr.David Lum、 シンガポール証券取引所メインボード上場:ティッカーコード LCD 、以下「LCD」といいます。)の株式を取得することといたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.本件の目的

Jトラストグループは、これまで、日本国内において確立し、成長の源泉となってきたリテール・ファイナンスおよびアミューズメント事業・不動産事業におけるビジネスモデルを海外において展開することとして、平成25年10月7日、Jトラストアジアを設立し、成長著しい東南アジアでの事業展開を図っております。このたび、事業展開の一環として、シンガポールの代表的な不動産開発事業者の一社であるLCDの株式を29.5%取得して筆頭株主になるとともに、同社に取締役を派遣することで、今後の同社の事業拡大の方向性について戦略的協業関係を構築することとし、シンガポールを拠点として、東南アジアおよび世界各国において、総合的な不動産事業の展開を図っていくことといたしました。

LCDは、ホテル事業からの収益を主とする不動産開発事業者であり、タイ、イギリス、ベトナム、ラオス等に著名なホテルやサービスアパートメントを保有しております。Jトラストグループは、LCDを通じて、今後のASEAN地域や世界各国における人口成長・経済成長の恩恵を十分に享受できる不動産事業をグローバルに展開することが可能となります。 なお、Jトラストグループによる今回の株式取得に伴い、LCDはJTrust International LTD.と商号を変更するための手続きを行う予定です。

2.本件の概要

(1)LCDについて

LCDは、創業1973年の40年以上の歴史を持つ、ホテル事業を主要事業とするホールディングカンパニーです。ホテル事業として、同社はインターコンチネンタル・ホテルグループ(以下「IHG」)と密接な提携関係を有しており、タイ・プーケット島には同グループのリゾートホテルブランドのひとつであるホリデイイン・リゾートホテル、またイギリスには同じくIHGブランドのひとつであるクラウンプラザホテルを所有しています。現在プーケット島では、よりハイクラスなホテルであるインターコンチネンタルホテルを開発する計画となっております。さらに、中国の主要都市である徐州市にホテル、商業施設、コンドミニアムを擁する大規模プロジェクトを現地企業と合弁で開発中であり、コンドミニアムは2012年より販売を開始し、2014年末から完成・引き渡し予定となっております。(これらのホテルの概観を添付いたしておりますので、ご参照ください)

また不動産関連事業として、同社はイギリスを本社とするナイトフランクグループのシンガポール法人(Knight Frank Singapore PTE LTD、以下「ナイトフランク」といいます。)の持分を、連結子会社を通じて55%保有しております。ナイトフランクは、不動産鑑定評価、不動産売買および賃貸管理、不動産コンサルタント事業等を行っております。ナイトフランクが有する不動産に関連する豊富なノウハウおよび情報ネットワークは、今後の同社の事業拡大に活用することができます。

加えて同社はシンガポール国内において「Zone X」の名称でゲームセンターを4店舗運営しております。

(2)東南アジア地域におけるホテル・サービスアパートメント事業の拡大について

同社が主力としているホテル事業については、東南アジア地域では、引き続き高い経済成長が見込めることや、また特に若年層人口が多いことから、顧客層の更なる増加が期待されるところであり、今後も高い成長可能性が見込めると考えております。また、ベトナムやラオスのサービスアパートメント事業については、今後も日本企業をはじめとする世界各国の企業から、これらの新興国の経済開発のための人材が多く訪れることが想定されるため、引き続き高い成長が期待できます。同社は、既に開発中のタイ、中国における開発プロジェクトをはじめとして、今後も多くのホテル事業、サービスアパートメント事業に注力していきます。

このように、高い経済成長と人口成長が見込める同地域において不動産開発・ホテル事業のノウハウを新たに獲得し、Jトラストグループの次のステージの収益の柱としていくことを目指します。

(3)当社との戦略的協業関係について

Jトラストグループは、連結子会社である東証ジャスダック市場上場のアドアーズ株式会社(以下、「アドアーズ」といいます。)において、アミューズメント事業および不動産事業を営んでおります。アミューズメント事業としては、首都圏を中心として56店舗のゲームセンターを運営し、またアドアーズの子会社であるキーノート株式会社では、デザイナー設計による戸建住宅の注文住宅建築販売事業や、建売住宅の売買、中古住宅のリノベーションなどのノウハウを保有し、主に首都圏・大都市部において不動産事業を展開しています。

このたび、LCDの株式取得と共に戦略的協業関係を構築するにあたり、これらの当社連結子会社が保有する優れたノウハウを活用することでLCDの不動産開発事業、アミューズメント事業を拡大することを目指します。また、Jトラストアジアが培ってきた東南アジア地域での情報ネットワークとナイトフランクの不動産関連ネットワークを活用することで、LCD内で新たにプロパティファンドマネジメント事業を推進することも計画しております。

上記のように、Jトラストグループが保有する豊富なノウハウを、当グループの強みであるスピード感をもって積極的に活用することにより、LCDの更なる事業拡大に寄与することができるものと確信しております。

(4)株式取得の概要

イ.
310,475,205株(発行済株式総数の29.5%)を1株あたり0.3シンガポールドル、総額93,142,561.5シンガポールドル(約7,805百万円)にて取得。
(参考)1シンガポールドル=83.8円で換算。
ロ.
平成26年9月22日に譲受予定。
ハ.
株式取得後の主要株主構成
Jトラストアジア 29.5%
Koh Wee Seng 14.5%
Aspial Corporation 3.6%
Leung Kai Fook Medical Co (Pte) Ltd 3.0%
Tan Su Lan 2.5%

3.LCDの概要

(1) 商号 LCD Global Investments LTD.
(2) 本店所在地 シンガポール共和国
(3) 代表者の氏名 Mr.David Lum
(4) 事業内容 ホテル事業・不動産売買・不動産鑑定・コンサルティング事業
(5) 資本金の額 2億8,247万シンガポールドル(2014年6月末現在)
(約236.7億円:1シンガポールドル=83.8円で換算)
(6) 設立年月日 1973年6月14日
(7) 大株主及び持株比率
(2014年8月21日現在)
Beverian Holdings Pte Ltd 14.8%
Koh Wee Seng 14.5%
Lum Chang Investments Pte Ltd 12.3%
Aspial Corporation 3.6%
David Lum Kok Seng 1.8%
(8) 上場会社と当該会社との関係等 資本関係 該当事項はありません
人的関係 該当事項はありません
取引関係 該当事項はありません
関連当事者への該当状況 該当事項はありません
(9) 当該会社の最近3年間の経営成績及び財政状態※1)(単位:百万円)
2011年6月期 2012年6月期 2013年6月期
純資産 ※2 16,870 24,310 24,306
総資産 27,547 36,319 35,736
営業収益 5,059 5,014 4,841
当期純利益 ※2 △ 700 6,082 117

※1. 1シンガポールドル=83.8円で換算

※2.  純資産及び当期純利益につきましては、LCDに帰属する持分であります。

4.日程

株式譲渡契約締結に係る取締役会決議日  平成26年9月19日
株式譲渡契約締結日 平成26年9月19日
株式譲受日 平成26年9月22日(予定)

5.今後の見通し

本件による今期の連結業績に与える影響は精査中ですが、判明次第速やかに開示いたします。

また、株式取得資金についてはJトラストアジアの手持ち現金を原資とする予定ですが、不足分について増資を予定しており、Jトラストがライツ・オファリングにより調達いたしました資金から75百万シンガポールドル(約63億円)を追加増資する予定です。

(参考)

(1)Jトラストグループの概要

Jトラストグループは、総合金融グループとして、積極的なM&A及び債権買取りを通じ、金融事業を軸に、不動産事業、アミューズメント事業、並びに海外事業等、様々な分野において事業規模の拡大を図ってまいりました。傘下には、かつて日本最大の消費者ローン会社であった株式会社武富士(現 更生会社TFK株式会社)の消費者金融事業を承継した日本保証をもつなど、消費者ローンの事業基盤やノウハウ及び人材を有しております。こうしたリテール・ファイナンスにかかるノウハウ・人材を活用して、韓国においては、貯蓄銀行事業を展開しております。また平成25年10月7日、シンガポールにJトラストアジアを設立し、成長著しい東南アジアでの事業展開を図っております。

(2)Jトラストの概要

(1) 商号 Jトラスト株式会社
(2) 本店所在地 東京都港区虎ノ門一丁目7番12号
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役社長 藤澤 信義
(4) 事業内容 ホールディング業務
(5) 資本金の額 53,584百万円(2014年6月30日現在)
(6) 設立年月日 1977年3月18日
(7) 大株主及び持株比率
(2014年3月31日現在)
藤澤 信義 26.52%
TAIYO FUND, L. P. 8.04%
NLHD株式会社(注) 5.07%
(8)最近3年間の経営成績及び財政状態(連結) (単位:百万円)
  2012年3月期 2013年3月期 2014年3月期
純資産 49,471 70,895 184,230
総資産 117,546 218,706 334,736
営業収益 24,508 55,683 61,926
経常利益 5,486 13,704 13,351
当期純利益 34,500 13,309 11,145

(注)NLHD株式会社は、当社の代表取締役社長である藤澤信義氏の100%出資会社であります。

(3)Jトラストアジアの概要

(1) 商号 J Trust Asia PTE.LTD.
(2) 本店所在地 シンガポール共和国
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役社長 藤澤 信義
(4) 事業内容 投資事業、投資先の経営支援
(5) 資本金の額 125百万シンガポールドル
(6) 設立年月日 2013年10月7日
(7) 大株主及び持株比率 Jトラスト株式会社 100.00%

以上

 PDF(1,013KB)

トップメッセージ

私たちを取り巻く環境は...

会社案内

Jトラストアジアについて..